ペニスを増大させる方法

テストステロンがペニス増大にすごくいい理由と効率的に増やす方法

マイティ
マイティ
「テストステロン」って聞いたことあるかい?
ノア
ノア
はい…?
ジャック
ジャック
テスト…なんだって?なんかのサイボーグみたいな単語が聞こえた気がするぞ。
マイティ
マイティ
あぁ…二人とも聞いたことすらないようだね。「テストステロン」だよ。サイボーグでもないよ。これはペニス増大にすごくいいものなんだ。詳しく紹介しようか。

テストステロンとは何なのか

もしあなたが筋トレが趣味なのであればこの「テストステロン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。なぜかとういうと、テストステロンはドーピングで有名だからです。

こういう話を聞くと多くの方はテストステロンを県遠視勝ちになるかもしれません。ですが、テストステロンは実は男性にとっては必要不可欠なものです。当サイトで取り上げているペニス増大だけでなく、様々なメリットがあります。

テストステロンは男性ホルモンの一種

テストステロンは男性ホルモンの一種です。数ある男性ホルモンの中でもこのテストステロンは非常に強力なホルモンです。「生体内で働く真の男性ホルモン」なんて言われたりもします。

こう聞くだけでペニス増大によさそうな印象を抱くかもしれませんが、それだけではありません。テストステロンの主な働きは以下です。

  • 筋肉の増大
  • 骨格の発達
  • ”男”を形成する

男性と女性を比べた際に筋肉や骨格が異なるのは言うまでもありません。男性のほうがガッチリとした体つきであるのが一般的でしょう。それはもはやテストステロンがあるからといっても過言ではないでしょう。

それほどまでに男性にとってテストステロンは重要なホルモンです。男性にだけあるホルモンというわけではありませんが、女性の体内のテストステロンは男性の5~10%と非常に低い値と言われています。

母親の胎内の時からテストステロンは活躍する

男性として母親の胎内に生まれた時点では、男性であっても女性とあまり変わらない状態です。ですが、男性であるということから大量のテストステロンが生成されます。

これが男性と女性の大きな違いの一つです。このテストステロンの働きにより、男性は男性らしい身体が形成されていき、男性として立派に誕生することができるのです。

筋肉質でがっしりとした骨格があるのはテストステロンのおかげです。まさに男性にとってあって当然の必要不可欠な存在なのです。

テストステロンは”男”としての精神も形成する

小さな男の子と女の子がいたとします。趣味は千差万別なので個人差もあり、それが個性になるものだと私は思いますが、一般的なイメージとして「男の子はクルマが好き」「女の子はお人形が好き」という構図はよくあるものでしょう。

それではなぜこうのような構図になるかですが、これもテストステロンの影響が大きいです。だいたい幼稚園に入る前あたりからこのような趣味があらわれだすと思います。

これは「脳の性分化」と呼ばれるものです。この時期に男性であれば体内のテストステロンの量も大きく増加します。

古来より男は狩りにでかけ、獲物をしとめて家に帰ります。現代では仕事にでて、家に帰るでしょう。それは男として当然のことで、ごく当たり前のことです。

そう感じてそう行動するための精神的なエネルギー源になるのがテストステロンなのです。近年では中性的な男性も増えてきましたね。それは悪いことではないと私は思いますが、テストステロンの量も影響しているのだと思います。

テストステロンの量が性格や職業にも影響する

これも当然のことではありますが、男性は女性よりもテストステロンの量が比較にならないほど多いのですが、それでも個人差はあります。男性の中でも比較的多い人もいれば、少ない人もいます。

テストステロンが多い人は自分を強くもっている傾向にあります。自己表現が他よりも強いとも言い換えられます。そのためか政治家やミュージシャン、芸術家などといった職業を目指すことも多いです。

それだけでなく、テストステロンの量の差により会社などの組織の中での立ち振る舞いも変わってきます。テストステロンの量が多い人は縄張り意識や仲間意識が強くなる傾向にあります。

これも男性の一種の本能なのでしょう。目標に向かって貢献しようという気持ちも強く、リーダーシップを発揮できることでしょう。ここまでの話から「テストステロンすげぇ!」となっているでしょう。

ですがテストステロンにも欠点はあります。それは「共感」です。「周りの他社を思いやる気持ち」とも言い換えれるでしょう。テストステロンは人にとって重要である「共感」というものには一切働きません。

その場その場で仲間想いなのですが、それでも人の話はあまり聞かない人が多いです…(笑)悪口を言うつもりはありませんが、これも自己表現の強さからなのだと思います。

逆にテストステロンの量が少ない人は他者のことをよく気にします。色々と考えすぎてしまう傾向にもありますので、うつ病などの危険性もあります。

もしそういったナイーブな状態になっているのであれば、それはテストステロンが不足していることが原因かもしれません。

太った原因はテストステロンの減少が要因かも

中年男性がだんだんと太っていくのは悲しいですが世界的によくあることです。最近ではジムの普及などもありトレーニングがブームになっています。

ジムに通って筋トレに励んだり、ジョギングの習慣をつけたりと運動を習慣化する人も増えていると思います。ですが、それでも20代の若い頃のような肉体を作るのは難しいと思います。

その要因の一つとしてテストステロンも挙げられます。テストステロンも年を取るにつれて体内での生成量もどんどん減ってきます。成長ホルモンなどと同じようなイメージを持ってもらえればわかりやすいと思います。

テストステロンは筋肉や骨格にも深く関与するという話を思い出してください。さらにドーピング扱いもされます。つまりは「肉体を鍛える」という点においてもテストステロンの存在は重要な役割をするということです。

テストステロンが減ることにより、筋肉を作ったりする作用も減少します。わかりやすくいうと太りやすくなります。暴飲暴食など他の要因もあるでしょうが、あなたが太ったことに悩んでいるのであれば、テストステロンを増やすことを検討してみてもらいたいです。

テストステロンは血中濃度がポイント

健康な男性の血中テストステロン濃度は350から1000 ng/dLが正常といわれています。20代をピークにテストステロン濃度は低下していきます。

最近の研究ではテストステロンが糖代謝を部分的に制御する役割を背負っていることもわかってきました。具体的には血糖値や内臓脂肪、総コレステロールなどを抑える効果があるという点がポイントです。

血中テストステロン濃度を正常に保つことができれば、いくつになっても若い頃のような肉体を維持することも夢ではないかもしれません。

テストステロンがペニス増大にすごくいい理由

テストステロンの基本的な働きや男性としての重要性を紹介してきましたが、ここからがついに当サイトとしての本題です。テストステロンはペニス増大にもすごくいいです。

ここまでで男性が男性であるためにテストステロンが重要だという話をしてきましたが、男性が男性であるために重要なのはペニスです。ペニスが全てではありませんが、重要でないとは決して言えないでしょう。

ここからはテストステロンによるペニスや性についての働きについて紹介していきます。すごくいいと断言できること間違いなしです。

一酸化窒素を作って血流と血管を改善してくれる

一酸化窒素とは血流改善でよく話題にあがるものです。一酸化窒素により血流が改善して血管も拡張してくれます。いきなり血液の話になりましたが、ペニス増大と血流改善は非常に深い関わりがあります。

ペニス増大のために血流改善は必須

意外と知らない方も多いのですが、血流を改善しないことにはペニスが増大しません。なぜかというと、栄養を運ぶのは血液だからです。

ペニスを増大しようとすると、ペニスにいい栄養をたくさん摂取しようと思うでしょう。もちろんそれはいいことですが、実際にそれがペニスに届けられなければ意味がありません。

摂取したペニスに良い栄養素を最大限ペニスに届けるためにも血流を改善して血の巡りをよくすることは必要不可欠なのです。あなたのペニスのさきっぽまでしっかりと栄養が行き届くほどの血流改善を目指しましょう。

数あるペニス増大サプリのほとんどにこの血流改善に着目された成分が含まれています。ペニス増大の最初の一歩といえます。

その血流改善や血管拡張に必要な一酸化窒素を作るのをテストステロンは促進してくれます。ここまで説明すればもうペニス増大にいいのは明白ですね。

精神的な”男”としての性欲もアップ

精神的にも男性がより男性らしくなるためにテストステロンが影響するという話はしてきました。その中にはもちろん性欲という観点も含まれます。

性欲とはもはや人間としての本能です。男性であれば女性に対して欲求を感じるのも本能です。より男性らしい精神とはより女性に対して強い欲求を感じることにもつながります。

そもそも性欲を感じなくなってきている方はテストステロンが減少してきている可能性も高いです。血中テストステロン濃度が減少してしまっているでしょう。

テストステロンを増幅させて、若い頃のように強い性欲を取り戻しましょう。性欲が強いだけでは飛躍的なペニス増大は難しいですが、性欲がなければペニスは増大させれません。

ペニスを増大させるための栄養素を摂取するだけでなく、チントレなどのペニスのトレーニングも重要になってきます。それらを精神的に支えるのは”性欲”です。しっかり自制する必要はありますが、強い性欲はあなたの根本的なエネルギー源になります。

ペニスの発育と精子の生成を促進してくれる

テストステロンは男性ホルモンの一種です。もちろんペニスの発育や精子の生成にも深くかかわってきます。生体内で働く真の男性ホルモンと言わしめるほどの強力なホルモンで宇s。

その影響力は他の男性ホルモンよりも大きいものになります。男性の象徴であるペニスをより男性らしく「大きく」「太く」「硬い」ものへとするためにはテストステロンを維持するのは意識したいところです。

これまで紹介してきたようにテストステロンは男性として重要なものです。たしかにペニス増大というピンポイントのみを考えた場合には、テストステロンの増加だけでは足りないかもしれません。

他にもペニスを増大させるために必要な要素はたくさんあります。それでもテストステロンが重要な役割を果たすということは否定はできません。ペニス増大において必ず押さえておきたい重要なポイントと言えるでしょう。

テストステロンを効率的に増やす方法5選

テストステロンの魅力について紹介してきましたが、ではどうすればテストステロンを拘置る良く増やせるのか?という点に着目していきます。

普段の日常生活から取り入れられる方法とコンセプトにまとめました。すぐに実践していけるものもありますので、ぜひとも参考にしてください。

筋トレやジョギングなどの運動をする

テストステロンは筋肉を作ったり骨格を作ったりするという話はしましたが、トレーニングなどで体を動かすことにより、脳にテストステロンの必要性を訴えかけることができます。

ハードなトレーニングをする必要性はありません。もちろん本格的にハードなトレーニングをしたい場合はぜひともやってもらいたいですが、テストステロンの増加目的であればそこまでしなくとも効果は見込めます。

30分程度の比較的短時間の運動でもいいです。とにかく運動習慣をつけることを意識してみてください。1度運動したら終わりではありません。継続的に運動していくからこそテストステロンも刺激されていきます。

  • 週に何日かジムに通うようにする
  • 朝や夜など決まった時間にジョギング習慣をつける
  • 少し早起きして通勤までの道のりでウォーキングをする

このように普段の生活にうまく溶け込ませれるように検討してみてください。生活習慣など人によって様々ですので、一概にこうすればいいというのはありません。あなたにあったうまいやり方を探ってみましょう。

元気はつらつな生活を意識する

テストステロンは精神に対しても働きかけるという話をしてきましたが、逆に精神によって影響を与えられることもあります。

元気はつらつというざっくりとした表現にしましたが、要は毎日楽しく笑顔で過ごしましょう!というイメージです。テストステロンが多い人の精神的な特徴を意識的に実践してみましょう。

最初は意識してやっていくことになりますが、それがいつしか自然なものになってくれば、そのときにはあなたのテストステロンも増加していることでしょう。

人間は意外と思い込みに弱いです。そう思い込んでいると、だんだんとそうなってくるものです。サプリや栄養を考えるのも大切ですが、こういった”心構え”をしっかりするのも重要です。

勝負ごとをしてみる

これまたざっくりした内容ですが、ギャンブルを推奨しているわけではありません。もちろんギャンブルも勝負事ですし、この内容の趣旨にはあいますが、ちゃんと自制しつつやってくださいね。

本格的なギャンブルだけでなく友人とじゃんけんをしてみたり、何か簡単な罰ゲームなどを決めてトランプなどをしてみたりと、やり方はいくらでもあります。

ポイントはあなたが熱中することです。「勝ちたい!」という気持ちが重要です。こういった強い勝負心を抱いているときにはテストステロンが一気に大量放出されます。

そして「勝つ」という経験が男性ホルモンを刺激して分泌を促進してくれます。こういうと勝たないといけないの?と思うかもしれませんが、あくまでポイントはあなたが熱中することです。

ただし、勝ちたい気持ちが強すぎてトラブルにならないようには注意しましょう。友人を不快にさせてしまってはいけません。節度をもって楽しみながらちょっとした勝負事ができるといいですね。

亜鉛とタンパク質を摂取するよう意識する

精神的な内容が多かったですが、ここからは食事などの外的要因に着目していきます。テストステロンの増加には「亜鉛」と「タンパク質」がいいです。

タンパク質と聞くとこれまた筋肉が連想されるかもしれませんね。ここでは筋肉ではなく、どちらかというとホルモン分泌の促進がポイントになっています。

代表的な食材
  • 牡蠣
  • 牛肉

上記がテストステロンの増加にいい食材です。タンパク質や亜鉛を豊富に含んでいます。とはいえ、これらばっかりを食べていればいいということではありません。

高価な食材なのでお財布も心配ですよね…。あくまでベースとしての栄養バランスの整った食生活を送ったうえでの話です。そこができていない場合は、まずはそこから見直すべきです。

根本的にまずはビタミン・ミネラルを十分に摂取することを心がけましょう。これらをしっかりと摂取できていなければ「牡蠣」や「牛肉」をたくさん摂取しても思うような効果は得られないでしょう。やはりバランスが大事です。

仮に亜鉛だけを必死に大量に摂取しても、亜鉛の代謝を促すビタミンA、カルシウム、リンなどの栄養素が摂れていなければ、大部分の亜鉛が体の外へ捨てられてしまいます。

その結果、テストステロンも増えません。せっかく頑張ったのに努力が報われないのか悲しいです。ビタミン・ミネラルはけっこうとれていない方も多いので、一度あなたの食生活を見直してみるのもいいでしょう。

サプリメントをうまく活用する

最後はサプリメントを活用する方法です。テストステロンの増加に着目したサプリメントもありますので、いろいろと調べてみると楽しいと思います。

当サイトではペニス増大を趣旨としたサプリメントを紹介していますが、その中にもテストステロンにも着目したものもあります。ぜひ参考にしてみてください。

これだけは押さえておいてもらいたいですが、まずはサプリメントに頼る前にこれまでに紹介した他の方法に取り組んでみましょう。

それらもやったうえでのもう一押しとしてサプリメントを活用するのがオススメです。サプリメントは効果を加速させてくれる起爆剤のようなものです。

もちろん使うことをオススメしますが、サプリメントに頼りきりになるのはあまりオススメできません。ペニス増大というピンポイントな目的だけであればそれもアリです。

ですが、身体や精神を全般的に改善したいのであれば根本的な生活習慣を見直すのは必須になります。あなたも目的や理想をしっかりと持って、それにあったやり方で取り組んでいきましょう。

まとめ

テストステロンに着目して紹介してきました。意外と長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

テストステロンはもちろんペニス増大にいいものです。ペニス増大を目指すのであれば、ぜひとも考慮していきたいポイントになります。

ですが、テストステロンは非常に強力な男性ホルモンです。ペニス増大目的だけに留めるのは少しもったいない気がします。どうせなら他のメリットも最大限に引き出したいです。

そのためにもサプリメントだけでなく、根本的な生活習慣を見直すことを行ってもらいたいと思っています。

改善してみて始めの数日は負担もなく続くでしょうが、それを半永久的に続けていこうとすると、慣れるまではかなり意識しないといけないと思います。生活習慣を変えるのは非常に難しいことなのです。

それでも確かなメリットはあります。ここで紹介したテストステロン以外にもいいことがたくさんあるでしょう。不規則で不摂生になりがちな世の中ですが、これを機に今一度見直してみよう!と思ってもらえるとうれしいです。