ペニスを増大させる方法

ペニス増大サプリの副作用やリスクによる注意したい5つのこと

ノア
ノア
ペニス増大サプリって副作用あるの…?
マイティ
マイティ
素朴な質問だが、やっぱり気になるところだよな。
ジャック
ジャック
実はおれも気になってた!副作用あるって聞くだけでなんか少し気が引けちゃうよな。
マイティ
マイティ
だしかにその通りだな。ならペニス増大サプリの副作用とあわせて注意しておきたいポイントをまとめて紹介しようか。

ペニス増大サプリに副作用はあるのか

ペニス増大サプリというとひとくくりにも思えるが、その種類はかなり豊富です。ですので、ペニス増大サプリは必ずこうだ!ということはできません。

いきなり中途半端なことをいってしまって申し訳ないのですが、特定の商品に着目するとこうだ!ということは言えるのですが、こうも幅広いと一概には言えない状況になりますので、ご了承ください…。

とはいえ、一般的にはこうだ!ということは言えますので、まずはそういった点について紹介していこうと思います。まず重要なポイントは以下です。

ペニス増大サプリはサプリメントである

何を当たり前のことを言ってるんだ、と思われても仕方ありませんが、それではこれは意外と重要なことなのです。サプリメントであるという点がポイントです。

サプリメントは単体では基本的に副作用がない

これをいうためにサプリメントという言葉を押してきたのですが、サプリメントには副作用が基本的にはありません。

まず日本ではサプリメントは「食品」に分類されます。そして「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」という定義になります。まさにペニス増大サプリもサプリメントと言えるでしょう。

サプリメントは特定の栄養素をピンポイントで摂取するために用いられ、それ単体では副作用がないように製造されるのがほとんどです。

ペニス増大サプリだけでなくサプリメントを購入する際はその製品の公式ページを確認すると思いますが、そのどれもが「副作用は基本的にはない」と記されているでしょう。

ペニス増大サプリも例外ではなく、私が当サイトで紹介しているものはもちろんですが、その他の日本製のペニス増大サプリも特に副作用について重大な問題になっている情報は見つけられませんでした。

ですが、それでもリスクや注意すべきポイントはたくさんあります。せっかくあなたが人生を変えようとペニス増大サプリを取り入れたにもかかわらず、副作用でつらい思いをするのはとても悲しいです。

どの製品を選ぶにしろ、副作用についてはきちんと自分なりにチェックすることをおすすめします。さらに、不安であれば医師や薬剤師の方などに相談するのもいいと思います。

まずはあなた自身がリスクや注意すべきポイントを知るところから始めましょう。今までになかった観点で製品を選べるようにもなるでしょうから、ぜひとも参考にしてもらいたいです。

ペニス増大サプリの使用にあたるリスクや注意したい5つのこと

それでは具体的なリスクや注意したいポイントなどを紹介していきます。当然といえば当然の内容も含まれているかもしれませんが、改めて把握してもらえればと思います。

日本製か海外製かをチェックする

ペニス増大サプリは特に海外製のものなども多いので要注意ですが、サプリメントは以下のようにざっくり分類することもできます。

  • 日本製のサプリメント
  • 海外製のサプリメント

この記事を読んでくれているあなたもたいていは日本人だと思います。日本製のサプリメントは基本的には日本人向けにチューニングされています。日本人が飲む前提で製造されたものが多いでしょう。

逆に海外製のサプリメントは外国人の方々が飲むように製造されたものが多いでしょう。日本人と外国人であれば、体格や体質など異なってくるのは言うまでもないと思います。

たいていは海外製のほうが「キツイ」ようなイメージがあります。海外製のサプリメントを批判しているわけではなく、日本人の体質に最適化はされていないことが多いということです。

それは副作用という観点でも重要なポイントになります。具体的には外国人の方々からすると副作用は基本的にないとされた製品であったとしても、日本人が飲むと何かしらの副作用がでてしまう可能性があるということです。

副作用というものは体質などで個人差もありますので、必ずしもないということは難しいです。アレルギーなどがいい例です。多くの人にとって卵は特に害のない食材ですが、卵アレルギーの方にとっては天敵です。

ですので、副作用を考えるにあたってそのサプリメントが「日本製か」「海外製か」という点は一つのチェックポイントになりますので、注意してもらえたらと思います。

そして、私はできる限り最初は「日本製のサプリメント」から始めることをオススメします。そのほうが日本人にとっては比較的安全で安心でしょう。

サプリメントを中・長期的に活用していき、その成分や効能についての知識が深まったあとであれば、海外製のサプリメントであっても正しいものを選択できるようにもなると思います。

海外製のほうがあなたの求めているものに近い場合もあります。それをしっかり理解して選択できるようになるまでは、まずは日本製を活用していくのがいいと私は思います。

様々なサプリメントを併用するとリスクが増す

サプリメントは特定の成分が濃縮されたものです。1つのサプリメントであれば把握もしやすいでしょうが、複数のサプリメントを併用すると摂取する成分を把握しきれなくなる可能性があります。

そうなると、一定量以上摂取することが望ましくないような成分を過剰に摂取してしまうリスクが高まります。

一通りの成分をしっかり把握し、計算した上で複数のサプリメントを併用するのは悪いことではないと私は思います。ただし、これは上級者のやり方です。

サプリメントや各成分に対する知識が少ない状態でやみくもに複数のサプリメントを併用するのはリスクが非常に大きいので、私はおすすめできません。

サプリメント初心者の方はどれか1つに絞って、しっかりその効果を実感できるまでちゃんと継続するように意識したほうがいいと思います。

その上で必要な知識を身につけ、自分に足りないものが何なのかをしっかり把握できるようになったのであれば、それを補えるサプリメントを併用するのを検討するのがいいでしょう。

サプリメントを目安量以上飲むのは危険を伴う

これも当たり前だろう!と思うかもしれませんが、意外とやってしまいがちなことです。なぜやってしまいがちかというと、以下のような考え方をしてしまうことがあるからです。

たくさん飲めばたくさん成分を摂取できるので早く効果を得られるのでは?

たしかに摂取できる成分の量はたくさん飲めば増えます。そして、それで早く効果が得られる可能性もゼロではありません。ですが、私はそれはオススメできません。

まず人間の身体には成分をしっかりと吸収できる限度量があります。それを超えてしまうと、摂取した成分はほとんどの場合が吸収されるに排出されます。

身体の仕組みとして許容量を超えたものは摂取しないようになっているからですが、裏返すと、許容量を超えて摂取してしまうと問題が起こるかもしれないということにもなります。

問題が起こる可能性があるからこそ、身体が拒絶して吸収しないようにしてくれているのです。たくさん飲むということはその許容量を超えて摂取しようとするということです。

サプリメントにはたいていは「1日〇錠」といった目安摂取量があります。たしかに個人差がありますので、あなたにとってそれが最善かはわかりません。ですが、製品としてはそれが最善と計算されたうえでの数値になっています。

ですので、それを超えて摂取してしまうと、たいていは許容量をオーバーしてしまうことにもなります。

成分を過剰摂取することで危険があるかどうかは成分によっても様々です。多少過剰摂取しても影響がないとされているものもありますが、そうでないものもあります。

各成分の知識を深めていくのも重要なのですが、まずはしっかりと用法用量をまもって使用する、ということを意識しましょう。たくさん摂取したからといってプラスになるとはいいがたいです。

サプリメントもいいですが食事も大切

近年ではたくさんの優秀なサプリメントが登場していることもあり、サプリメントで効率よく栄養を補っている方もたくさんいます。

それは非常にいいことだと思います。普段の食事からでは必要な量を摂取するのが非常に難しい成分もたくさんあります。それらをサプリメントで補うのは私もオススメしたいです。

ですが、あくまでサプリメントとは補うためのものです。サプリメントをメインに栄養を補給するのはあまりオススメできません。

計算上、1日に必要な栄養素をしっかりをサプリメントで補給したとしても、サプリメントだけではいずれは身体に異常が出てくる可能性があります。

まず食事というものは栄養補給はもちろんですが、身体に消化するという行為を行わせています。消化というものは非常にエネルギーを使うものです。人間の基礎代謝の中でも高い割合があります。

そうやって代謝をまわしていくことで人間の身体はうまく機能していきます。サプリメントによる影響補給だけではそれらに「人間にとって通常の行為」がしっかりと働かなくなることが考えられます。

どんな影響が出るかわかりませんが、決していいことではないと私は思います。あくまでサプリメントは補うものです。

つまりは日々の生活のプラスアルファです。サプリメントにたよりすぎた生活は健康なものとはいいがたいと私は考えます。食事でうまく補えるものは食事で補うようにしたほうが自然で健康的だと思います。

個人差というものは乗り越えられない壁である

良い効果も悪い効果も個人差が必ずあります。これはサプリメントだけに限った話ではありませんが、人間はみな違うのです。全く同じ人現なんて存在しないでしょう。

一般的に問題ないとされているものであっても、あなたにとってそれがどうなのかはわかりません。これが個人差です。無責任に感じるかもしれませんが、こればっかりはやってみなければわかりません。

それでもできる限りリスクを抑えるために、比較的近い身体の作りや体質である日本人向けのサプリメントを選んだり、しっかりと用法用量を守るように注意したり、リスクの確立を下げる努力はするべきです。

それでも100%にならないのがつらいところです。だからこそ、サプリメントを始めるときは普段以上にあなた自身の身体のことを気にしてください。

些細な変化も見逃さないようにしっかりと注意してみてください。そして、何かおかしいと感じた時にはサプリメントの摂取をやめたり、病院に行ったりと対処をするようにしてもらいたいです。

まあいっか!という気持ちが大きな異変につながってしまうかもしれません。どんなサプリメントでも注意は怠らないようにしてもらいたいです。

マイナスな点をメインに紹介しましたが、個人差というものはプラスに傾くこともあります。一般的な数値よりも非常に良い効果を体感できることもあるということです。

相性が良かった、というような言い方がされるでしょうが、これは個人差がプラスに傾いた場合の大きなメリットでしょう。

とはいえ、狙ってできるものではないでしょうから、いろいろを時間をかけてゆっくりと検証しながらあなた自身の身体を向き合ってもらえればと思います。

まとめ

ペニス増大サプリの副作用について紹介しました。ペニス増大サプリというよりはサプリメント全般に対しての副作用の話になってしまったかもしれません。

サプリメントとは商品によって千差万別です。ですので、購入する前にしっかりと調べるようにしてもらいたいです。サプリメント初心者の方は特にそうですね。

私が当サイトでおすすめしているペニス増大サプリは基本的には副作用がないとされているものだけに絞っています。ですので比較的安全だと私は思っています。

それでも繰り返しになりますが、100%は絶対にありません。しっかりとあなた自身の身体を管理できるように意識してもらえたらなと思っています。